時間をめぐる、めぐる時間の展覧会

 

公益財団法人 せたがや文化財団 生活工房 | 2016

プロジェクト:企画展示

共同企画・アートディレクション、環境デザイン、アートワーク(sitka/sesen)

 

 

せたがや文化財団・生活工房(東京)にて、2016年・3月に開催された、時がテーマの企画展示。

生活工房の学芸・竹田由美さんとともに、構想から3年以上をかけて実現した本展は、「時」というとらえどころのないものを通じて、現代都市生活のすがたを、いまこの世界のありようを、そして生きることそのものについて、静かに思い考える場となりました。

 

 

〈展示構成〉

 

 星の律動・生きものの律動
 太陽と月の神話・造形

 太陽と月、はじめてのひかり (世界の創世神話の紹介)

 世界の日時計 (小野行雄氏所蔵)

 『時の精霊』ー時と人間のこれまで

 現代の時 (現代の広告から)

 土と人間 (世界の様々な土地の一日の映像・国立民族博物館製作)

 ヒマの部屋

 『時の大河』

 時の採集箱(同時開催)

 

 

〈開催概要〉

 

会期: 2016年03月05日(土)~2016年03月21日(月)

時間: 真昼(11時半頃)から暗くなる(18時半頃)まで、まいにち開催

会場: ワークショップA(4F) / ワークショップB(4F) / 生活工房ギャラリー(3F)

 

主催:公益財団法人せたがや文化財団 生活工房

後援:世田谷区/世田谷区教育委員会

共同企画制作:セセンシトカ

展示協力:(公財)吉田秀雄記念事業財団アド・ミュージアム東京/(公財)下中記念財団/

     (一財)進化生物学研究所/remo[NPO法人記録とメディアのための組織]/

     千代の亀酒造(株)/小野行雄

アートディレクション、環境デザイン、アートワーク:セセンシトカ

 

会場検討用模型

Copyright (C) 2017 sesensitka   |   Contact: info@sesensitka.com